レーザー脱毛を受けた場合は、施術を受けた後のケアもしなければなりません。


そこで、施術を受けた後の後処理って何が必要となるのでしょうか。
基本的にはレーザー脱毛の後処理は病院側が施術直後はしっかりと行ってくれます。

火傷防止のためのクールダウンと乾燥防止の保湿ケアが主なアフターケアとなります。



もちろん、それだけでは不十分な場合が多く、あとから自分でケアをしなければいけない場合もあります。病院側から炎症止めなどの薬も貰うので、指示に従って使用しましょう。
レーザー脱毛後の後処理として、一番きつく言われるのがその後の過ごし方ではないでしょうか。

にきびをなんとかしたいなら読んでください

施術後はかなり肌の方も負担を受けた状態です。

そのため、肌の回復のためにもしっかりと安静に過ごしておくことが大事なのです。

とくに、施術後少なくとも1週間は日焼けはしないようにしましょう。

肌に赤みが残る状態で日に浴びてしまうと、色素の沈着の原因ともなり、さらには色素の沈着は治るのに非常に多くの時間を要します。

下手をすれば次回の施術のスケジュールにも影響を与えるかもしれませんので日焼けは絶対にしないようにしましょう。



また、激しい運動も施術後はNGで、血行が良くなること、そして大量の汗をかくことがいけないのです。


血行が良くなると、血管が拡張して施術後の肌が痒みを感じてしまうためです。

また、大量の汗をかくと、雑菌の繁殖減にもなり、洗い落とすにも皮膚をごしごしと洗ってはいけないのでどちらにしても激しい運動もいけないのです。